語学留学をするならセブ島がオススメ|その理由をチェック

女の人
婦人

フィリピンで英語を学ぶ

留学というと、費用がかかり手続きも煩雑で大変というイメージを持っている方は多いかもしれません。しかしフィリピン語学留学ではそういったことがありません。そのため留学をより身近で気軽なものにしています。フィリピン語学留学に挑戦する人は近年増加の一途をたどっています。

詳細

勉強

低価格で効率よく学べる

セブ島留学は、欧米留学に比べて安い費用で、コストパフォーマンスのよいレッスンを受けることができます。英語を話すことに慣れていない人に特に向いています。マンツーマンレッスンでしっかり話す練習をするだけでなく、予習復習もきちんと行うと、さらに英語力の向上が期待できるでしょう。

詳細

海外で生の英語を体感する

勉学

英語力を海外で身につける

英語力を身につけるには、独学で基本的な文法を学び、単語や表現方法を覚えることも大切ですが、最も効率が良い方法は、英語を公用語とする国へ留学して、一定期間を生活の拠点とすることです。つまり、日常の生活を通じて、ネイティブの英語を体感できるためです。英語を公用語とする代表国として、アメリカ合衆国やカナダ、イギリス、オーストラリアなどが思い浮かびます。これらの国々の共通点は、観光地としても人気が高く、先進国であることで、そして、必然的に海外留学先としても人気が高くなります。実際に、毎年、多くの日本人留学生が訪れています。しかし、先進国であるために物価が高く、留学先として長期間を過ごす場合、その金銭的な負担は、生活費と学費を併せると大きくなります。物価の安さを考慮すれば、発展途上国、とりわけ、東南アジアのフィリピンに注目が集まります。フィリピンの公用語は、タガログ語と呼ばれる現地語と英語です。自国語だけを公用語とする日本と比較すれば、幼少期から英語に慣れ親しんでいる意味では、英語のレベルは高いと言えます。そのフィリピンの中でも、観光地として人気の高いセブ島が語学留学先として注目を浴びています。その理由として、まず、物価が安いことです。生活費だけでなく、授業料等の学費の負担が先進国よりも小さくなります。次に、日本から近いことも有利な点です。セブ島は、日本から飛行機で4時間程度の距離で、往復にも便利と言えます。そして、1年を通して温暖な気候に恵まれている点も長期滞在には有利になります。それは、滞在時期によって気候が変化しないため、衣服等の準備も軽装で済むためです。さらに、セブ島は観光地としても確立されているため、ホテル等の施設も充実しており、海外からの旅行客を受け入れるインフラが整備されている点も大きな長所となります。そして、セブ島はフィリピンの中でも治安が良い点も挙げられます。

レディ

留学で語学力をアップする

セブ留学をする際には、最後までモチベーション維持することが大切です。学習環境の整ったスクールを選ぶと、観光やプライベートに時間をかけすぎることなく勉強に集中出来ます。学習効果を上げるための土台作りも、日本で済ませておくと効果的です。

詳細